MENU

 

旦那がEDなことが原因でセックスレスになる夫婦は多いです。

 

 

私たちからすれば、

 

 

「立たないなら治療すれば?」

 

 

とか、

 

 

「私にだけEDなんじゃないの?」

 

 

なんて思ってしまい、たまに声をあらげてしまうこともあるのではないでしょうか?

 

 

私も、旦那がEDだったので、そのような態度をとってしまい、プレッシャーを与えていました。

 

 

でもそれは余計に旦那のEDを悪化させる原因になりますし、もっと治りにくい状況になってしまう恐れがあります・・・

 

 

ここでは旦那がEDで、セックスレスになってしまった女性のプレッシャーを与えないための対処法を書きます。

 

 

旦那がEDの場合、どういったことがプレッシャーに?

 

男性と女性ではいくら夫婦でも別の生き物?というぐらい考え方などが違います。

 

 

女性からすれば、「そうなの?」ってことでプレッシャーになるのですが、中々そういったことを知る機会がありませんよね。

 

 

ここで、いくつか例を載せておきます。

 

 

「マムシドリンクを急に飲ませようとする」

 

「頑張ろうねと微笑みかけてくる」

 

「いきなり派手な下着で誘ってくる」

 

 

こんな感じでしょうか?

 

 

それぞれ全く違うように見えますが、共通点としては、どれも急に○○っていうのが男性からするとプレッシャーになるようです。

 

 

ようは、その場で出来なければ失格!!みたいな試合前のような緊張感を感じさせてしまっているということですね。

 

 

徐々に、そしてタイミングが合えば・・・

 

女性からしても気持ちに波がありますし、自分が頑張ったのに旦那から良い反応が得られないと、ショックがありますし、どこにも向けられないやるせない気持ちになりますよね。

 

 

でも、男性からすれば、出来る時にっていうぐらいの方がリラックス出来る訳です。

 

 

あなたが本腰を入れてアクションを起こした時が、旦那にとっては仕事でミスをした時であったり、何か辛いことがあったタイミングかもしれません。

 

 

血気さかんで性欲がありあまっている男性であればそうした時こそ、発散させるという意味でもセックスをする傾向にありますが、ED気味の男性からすれば、NGです。

 

 

あくまでリラックスしたタイミングで、その気になった時に答えられる準備だけはしておきましょう。

 

 

上手くいかなくても良い訳ができる環境

 

これはすごく大事だと思うのですが、旦那がEDの場合はなんとなくエッチなムードが始まるっていうぐらいがちょうど良いと思います。

 

 

例えばこっちが意気込んで派手な下着をつけていたり、反対にだらしない格好で全く色気もない格好をしていても男性からすれば辛いものです。

 

 

なので、何というかバランスが難しいですがちょうど良いぐらいをしっかり模索しないといけないってことなんです。

 

 

「セックスレスは辛い」

 

 

と思っているかもしれませんが、旦那も辛いです。

 

 

なので、自分も一緒に頑張るつもりでやっていきましょう。